So-net無料ブログ作成

小島砲台跡 4 弾薬庫跡 [小島砲台跡]

   小島砲台跡 4  弾薬庫跡

DPP_5635.JPG
   

北部砲台跡を出て元来た道を戻ります。

途中、椿のトンネルがありました。

  

  

 

反対側からです。  

DPP_5636.JPG

 

  

   

  

  

ここからも来島海峡大橋が見渡せます。

DPP_5639.JPG

 

   

  

  

  

馬島の灯台付近の海の輝きをアップで撮ります。

DPP_5638.JPG

 

 

  

  

  

今治方面です。

DPP_5640.JPG

 

 

 

 

 

4 番の弾薬庫跡に向かいます。

DPP_5664.JPG

  

   

 

  

     

途中、兵舎跡が在りますが今は畑になっていました。

DPP_5744.JPG

  

 

  

  

  

  

弾薬庫跡の入り口です。

DPP_5641.JPG

 

  

  

  

  

DPP_5644.JPG

 

  

  

  

  

入り口から弾薬庫への通路です。

これも防壁の一部なんでしょうね。

両側の斜面は落ち葉でいっぱいでした。

DPP_5642.JPG

 

  

  

  

左に見えるねじれたような木の根元は、落ち葉でいっぱいでした。

DPP_5643.JPG
  

  

  

  

  

弾薬庫跡の敷地も、もみじの落ち葉で埋め尽くされていました。

秋に来るといいでしょうね。

  DPP_5604.JPG

 

   

  

  

弾薬庫跡の前面です。

ドーム型の穴は、湿気を防ぐ通風のためでしょうか。

DPP_5645.JPG

 

   

  

  

  

窓の向うにはまだ残っている、うるしの紅葉が見えます。

何故、窓の内側に?

DPP_5648.JPG

 

   

  

  

  

と思って中に入ってみると、屋根は落ちていました。

DPP_5649.JPG

 

   

 

    

    

正面です。

DPP_5766.JPG
 

  

  

  

    

レンガの壁には草が生え、歴史を感じます。

外側はきれいに仕上げていますが、内側はちょっと雑ですね。

DPP_5651.JPG

 

   

  

   

  

何かのフックも残っています。

何を掛けていたのかと、想像してしまいます。

DPP_5740.JPG
 

   

  

  

   

  

弾薬庫の反対側は斜面(防壁)になっていて、落ち葉で埋め尽くされていました。

紅葉の時季に来てみたいものです。

DPP_5739.JPG

 

  

 

  

  

敷地内の落ち葉です。

DPP_5653.JPG

 

 

   

  

  

最後にもう1枚撮って、弾薬庫跡を後にします。

DPP_5654.JPG

 

 

   

  

  

出口に向う通路の上には紅葉がまだ残っていました。

DPP_5655.JPG

 

これで、弾薬庫跡を後にします。

次回、発電所跡、南部砲台跡、探照灯跡に続きます。

  

今回はこの辺で。

 

 

 


nice!(121)  コメント(28)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 121

コメント 28

corratec

今回も、行かなければ解らない、、、。
ちょっと昔の現実、、、有難う御座いました。

by corratec (2012-01-27 00:44) 

よしあき・ギャラリー

椿のトンネル、魅力的です。
引き込まれますね。
赤レンガには目のない私ですが、とりわけ僻地で(失礼!)忘れ去られようとしている遺跡には、強く心惹かれます。
貴兄も同じようなお気持ちなのかなと写真を拝見して感じました。
by よしあき・ギャラリー (2012-01-27 06:14) 

セイミー

瀬戸内の小島に太平洋戦争時の遺物があるのですね
by セイミー (2012-01-27 06:40) 

オカジュン765

おはようございます。まいど訪問おおきにです。私の本の中にも砲台跡が出てきますが、見て思うにこんな砲台で敵機を撃墜出来たのかと疑問に思います。
by オカジュン765 (2012-01-27 07:19) 

kakasisannpo

椿のトンネル いいですね。

by kakasisannpo (2012-01-27 10:57) 

perseus

おはようございます。
何だか時間が止まったというか、流れがゆっくりというか。
真中に立って目をつむってみたい場所です^^
by perseus (2012-01-27 11:31) 

レイリー

コチラは本当に散策が楽しそうですね!
遺構に過去を感じながら良い眺めを見れる、とても行ってみたいです (^^
by レイリー (2012-01-27 12:59) 

オカジュン765

こんにちは。度々の訪問おおきにです。
日露戦争の遺跡でしたか。それにしてもロシアは瀬戸内まで攻め込んできたのでしょうか?歴史的にも興味深いですね。
by オカジュン765 (2012-01-27 13:34) 

sako

レンガ造りの建物がそこだけ時間が止まってしまったように残っているのが、なぜか惹かれますね。
by sako (2012-01-27 13:45) 

楽しく生きよう

最初の写真トトロの森かと思いました。
砲台と聞くと悲しい過去を思い浮かべてしまうのですが、歴史であるんですよね。
by 楽しく生きよう (2012-01-27 13:49) 

(。・_・。)2k

これくらいの時期に
一度 訪れてみたいです
本当に良い所ですね(^^)

by (。・_・。)2k (2012-01-27 14:18) 

ライムグリーン

打ち捨てられているような建物も、地元のみなさんがきちんと手入れされているんでしょうね^^
屋根が落ちているのは残念ですが、とても綺麗に残っていると思いました。
本当に紅葉の時期には綺麗なんだろうな~。
by ライムグリーン (2012-01-27 15:20) 

美美

椿のトンネル素敵ですね~
こういう所、ゆっくり歩いてみたいです^^*
赤レンガの建物はやっぱり雰囲気がいいですね!
by 美美 (2012-01-27 16:22) 

駅員3

今まで陸軍多摩火工厰、猿島、観音崎、こどもの国等の弾薬庫をアップしてきましたが、小島砲台跡も似たような雰囲気を持ってますね。
by 駅員3 (2012-01-27 19:37) 

tanoki

冬枯れの寂しい今でも
訴えるものがあり、この時期
でも いつか行ってみたいです。
by tanoki (2012-01-27 21:41) 

寂光

こんばんは。
機会があれば、
「海を渡る」さんのご案内で、
ブログで拝見する土地を歩いてみたい、
記事を拝見する度、
その思いが深まります。
by 寂光 (2012-01-27 21:57) 

元山陽ちとせ

大久野島を連想してしまいました。
同じ瀬戸内海の戦争遺構ですね。
by 元山陽ちとせ (2012-01-27 22:22) 

ぱぱくま

人の気配もなくひっそりとした感じですね。
ゆっくり落ち着いて心行くまで写真が撮れそうですね!
by ぱぱくま (2012-01-27 22:22) 

響

やっぱりこの時代の廃墟って
屋根がないですね。
この屋根の無い廃墟って大好きです。
残り方が芸術だ。

by (2012-01-27 23:43) 

zak

朽ち果てた美しさを感じさせてくれますね。
朽ち果てた静かな佇まいが、いろんな想像を抱かせてくれます。
~跡の風景・・ とても楽しみです。
どんな~跡の美が存在するのでしょうか。
by zak (2012-01-27 23:47) 

Silvermac

兵どもの夢の跡、煉瓦造りが時代をあらわしていますね。
by Silvermac (2012-01-28 06:24) 

はくちゃん

おはようございます
1枚目にグッと来ました
(^^)/

by はくちゃん (2012-01-28 09:26) 

Rita

こんにちは^^
椿のトンネル、くぐり抜けてみたいです☆
歴史のなかの、知られざる空間に入り込んだようなお写真に、心を奪われました。
by Rita (2012-01-28 12:56) 

rtfk

こんにちは^^)
島全体で歴史を語っているかのようですね。。。
続きが楽しみです♫

by rtfk (2012-01-28 17:12) 

COLE

今でもきちんと整備されているのは保存会かなにかがあるのでしょうか
by COLE (2012-01-28 20:54) 

hanamura

あぁ・・・これは映画というかカラオケBGVというか・・・
素晴らしい映像ですね!(コレを言いたいのです!よぉ!)
by hanamura (2012-01-29 16:25) 

ため息の午後

ツバキのトンネルを抜けると何年も忘れ去られた赤レンガの建物
少しずつ自然と一体になり、風景の中に溶け込み平和な時間が
流れていくのでしょうね。
by ため息の午後 (2012-02-01 21:50) 

drumusuko

れんが造りの建物、しっかりしていますね。
当時の雰囲気を感じさせてくれる、公園ですね。
by drumusuko (2012-02-02 13:46) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。