So-net無料ブログ作成

今治天保山の夜明け [夜明け]

今治天保山の夜明け

DPP_6012.JPG
   

昨年の12月15日の今治天保山からの夜明けです。

朝日の出る付近には、幾重にも重なった面白い雲が出ていました。(6時30分頃)

  

 

  

 遠くの尖った山は、赤星山です。

手前の灯台は、天保山港(蔵敷ふ頭)の灯台です。

DPP_6013.JPG

 

 

 

  

赤星山の上に傘が掛かったように見えます。

DPP_6014.JPG

 

 

  

  

上空はきれいな青空です。

このグラデーションが何とも言えません。

DPP_6015.JPG

 

 

  

  

比岐島方面も薄っすらと焼け初めました。

DPP_6016.JPG

 

 

  

   

  

雲が時間と共に流れて行きます。

DPP_6017.JPG

 

 

  

  

もう少し左側の明神島や美濃島(四阪島)方面です。

一隻の貨物船が天保山港に向っています。

DPP_6019.JPG

 

 

  

  

一艘の漁船も同じ方向に向っています。

DPP_6020.JPG

 

  

  

  

さっきの貨物船が天保山港(蔵敷ふ頭)に入ろうとしています。

DPP_6021.JPG

 

 

 

  

 

DPP_6023.JPG

 

 

  

  

一羽の海鳥が目の前を飛んで行きます。

DPP_6025.JPG

 

 

 

  

  

別のもう一隻の貨物船が天保山港(蔵敷ふ頭)に入ろうとしています。

DPP_6026.JPG

 

 

 

  

海鳥が灯台に向って飛んで行きました。

DPP_6029.JPG

 

 

 

  

  

DPP_6030.JPG

 

 

 

 

雲の様子が変わってきています。

DPP_6031.JPG

 

 

  

  

  

小さい漁船が港に近づいてきました。

DPP_6033.JPG

 

 

  

  

一つのブイを手繰り寄せていました。

はえ縄漁でしょうか?

DPP_6035.JPG

 

 

  

  

  

今度は少し大き目の漁船が近づいてきました。

DPP_6036.JPG

 

 

 

   

  

DPP_6037.JPG

 

 

  

  

  

  

DPP_6038.JPG

 

 

  

  

  

7時15分、港の中の生け簀に向かって行きました。

DPP_6040.JPG

 

 

この日は仕事もあり、これで引き上げました。

日の出は見ることができませんでしたが、

日の出前の薄明のひと時を楽しむことができました。

   

今回はこの辺で。

  


   

すみませんが、今回もコメント欄を閉じさせていただきます。

  

  


nice!(124)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 124

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。